-2019 January-オーストラリアから日焼け&クラゲ対策-YUKI from Ishikawa

 

朝起きて
ヨガをして
仕事して
ご飯食べて
海に行って
ご飯食べて
仕事して
買い物に行ったり
ドライブに行ったり
山登りしたり
カヤックしたり
泳いだり
サンセットを見て
ビールを飲んで
ご飯を食べて
就寝

オーストラリアのサンシャインコーストにいます。

こんな生活なので、観光スポットも、おすすめのレストランもあまり分かりませんが、

とても当たり前かもしれないけれど、オーストラリアでの注意した方がいいなと感じることを2つシェアしたいなと思います。

その1
“強烈な紫外線”
涼しい日でも、すぐに真っ赤っかになります。
皮膚ガンの人もとっても多い。
癌と聞くと、とても恐ろしいものに感じるけど、
“あれ、ここ切ってある?”
“あれ?こっちも切ったんだっけ?”
みたいな感じで、こっちの人はなんだかとても慣れているみたい。
数ヶ月に一回定期検査に行っては、除去してもらうそうです。
それでも、帽子も被らず、日焼け止めも塗らず太陽を愉しんでいたりする。
日焼け止め塗っていないのに全然焼けてない人もいる。
気にしている方がおかしく思えてくるけれど、何より痛いので、日焼け対策されることオススメします。

-対策-
⚫︎帽子
⚫︎サングラス
⚫︎日焼け止め
あと、イチゴを陽に当たる前に食べるといいらしいですよ。

もしも痛いくらいに焼けてしまったら、

-処置法-
⚫︎アロエヴェラのジェルを一日2回。
(冷蔵庫に保管しておくと、冷やす効果も出て更に良いそうです。)
⚫︎その上から保湿クリームをこまめに塗る

お医者さんが教えてくれた対処法です。
是非お試しください。

(長年愛用していた日本製の焼けない日焼け止めが廃盤になってしまい、ただいま日焼け止め難民です。いい日焼け止めあったら教えて頂きたいです。他の日焼け対策も是非!!)

その2
“ブルーボトル”
クラゲです。
びっくりするほど痛い。
刺された後もずっと痛い。
焼けるようで、痺れるようで、とにかく痛い。
皮膚についている触手が、毒々しくてそれを見てまた痛みが増します。
処置さえ分かっていれば、少しは落ち着いて行動できると思うので、処置法だけでも頭の片隅に。

-処置法-
⚫︎お湯!!
お湯でとにかく流す。
我慢できるギリギリの温度のお湯でとにかく流す。お湯を出しっ放しにできないときは、こまめにかえれば何かにお湯を溜めて浸すでも効果的です。

そのあと、アイスパックで冷やすといいみたいですが、とにかくお湯が効きます。

×真水は使わない。
関係性は定かではありませんが、水で流していたら、心臓近くのリンパがとても痛くなってびっくりしました。毒がまわるみたいです。触手を洗い流す時は真水ではなく、海水を使った方がいいみたいですが、素手で触れるとその指まで痛くなるので、お気をつけください。

-対策-
⚫︎クラゲ避けは使ったことがないので有効性はわかりません。。水中で避けようがあるのかもわかりません。。
⚫︎場所によってはビーチにも沢山上がっているみたいなので、気にしながら歩かれる事をオススメします。

日焼け、クラゲ、サメ対策。。
他にも色々あると思うので、何かオススメがあれば是非教えてください。情報お待ちしています!