-2019 March-Nozomi & Hideko from Hokkaido

こんにちは。

北海道の冬の過ごし方といえば、やっぱりスノーボード!

北海道出身なのに、なぜか海が大好きになってしまいあまりスノーボードをしてこなかった。

でも、海で出会う友達にはスノーボードも好きな人達が多い。

一緒にヨコノリして遊ぶうちに冬は海ではなくて山で遊ぶようになりました。

北海道は西高東低の冬型がきまると日本海には波があがり、山にはその水蒸気を含んだ雲がパウダースノーを降らせてくれる。

このパウダースノーが日本だけでなく世界中のスノーボーダー達を魅了する雪質らしく#japowなんて使われている。

雪の降った翌日には札幌近郊のスキー場でもこの#japowが楽しめてしまう。

パウダースノーを楽しむうちにバックカントリーでスノーボードをしてみたくなった。

スノーシューを履いてバックパックに板を取り付けて、まだ誰も滑っていない斜面を目指してハイクアップ!

私も大自然の中を滑りたい!

と思い、今シーズン始めに道具を揃えてみたものの、この冬トライ出来たのはまだたったの1度だけ。。。

家の近所の裏山から近くのスキー場がある山の山頂まで登ること2時間半。

なんとか登ったものの、滑り降りるときには足がガクガク。

サーフィン初心者がやっとの思いでパドルアウトしたけれど、もうなんの力も残ってない状態。

景色を楽しむ余裕もナシ。

もちろん写真を撮る余裕もありませんでした。笑

海と同じで命の危険につながるバックカントリー。

知識と経験と修行が必要です。

今年の北海道は暖かくなるのが早くて春がくるのが早そうです。

もう少し海水温があがるまでの間は暖かい海へのサーフトリップと春の山をハイクアップする予定です。