-2019 May-Miki Hitoyanagi from Izu

★老若男女が悲鳴をあげるヒジキ漁〜★

こんにちは(^-^)

GWも終わり、もうすぐ梅雨の時期ですね☔️

毎日海にいるもののサーフィンはすっかりご無沙汰しています。行かねばᕦ(ò_óˇ)ᕤ

春はヒジキや天草の漁が始まる季節です。

野菜や果物で四季を感じますが、この時期は甘夏や五月豆を貰うとヒジキの季節だなぁと実感します🍊

海の仕事は体力気力が勝負ですが、このヒジキ漁がものすご〜く重労働でヘトヘトにコテンパにされるのです~_~;

みな口を揃えて、ヒジキが始まるね〜😵と溜め息をつくくらい(笑)。

何が大変かと言うと、まず生のヒジキは重く、刈ってから運ぶのに相当な体力を消耗します。

足場の悪い磯や海の中を何回も何回も行き来して、それぞれ船や岡に運びます。

 

 

船の場合またそれを岡に降ろし、軽トラに乗せて降ろし、、、、

そんな作業を何回も繰り返して干していきます。

 

(解禁すると毎日そこらじゅうにヒジキのじゅうたんが広がります)

翌日からもまた同じ作業をしますが、前日までのヒジキのお世話も加わります。

カリカリに乾燥するまで2、3日かかりますが、その間、通り雨やら雷雨があると慌てて取り込んだりシートをかけたりと、海藻は本当に意地が焼けるのです(笑)。

 

(通りがかりのおじさんもあーだこーだ手伝ってくれます🙏)

仕事では疲れてもなるべく言わない様に心がけますが、ヒジキだけは言わせてくださいみたいな気持ちです😅

人手が多いと助かるので休日は子供たちも混ざり、皆んな一家総出で作業に。

私も昔からやっていますが、とても良い経験になると思います。

乾燥すると10分の1くらいまで小さくなり、すご〜く軽くなります。

カリカリになったヒジキはボロボロになりやすいので優しく扱い、、、、、

でもかき集めると、これがまた結構重くなり、結局重たいヒジキになるんです😅

 

 

ヒジキ漁で体調を崩したり背中や筋を痛めたりギックリ腰になる人も多いです。

気づくと、どこそこアザだらけ、一筋縄ではいきません。

私も過去にギックリ腰とギックリ首をやりました😆

今回は膝腰首が痛いくらいで済みました👏

これも良い経験です💪

ヒジキは地域によって干し方も違うので、食感や風味も違うようです。

ちゃんと製品にし食せるまでには、これを水で戻して何時間も煮てまた干して、、、と作業が続きます。

色々と大変だけど栄養もあって万能食材なので大好きです。

そんなヒジキ漁、今年は大幅に遅れ日数も短かったけど、大きな怪我も無く無事に終わりほっとしました☺️

 

(長くて太くて最高に美味しいヒジキ✨)

下田では今週末5月17、18、19の3日間で黒船祭が開催されます。

花火や街中の出店、市内を巡回する日米両国のパレードなど、見所沢山なので、トリップの際には是非足を運んでくださいね(^-^)

🏝良い週末を(╹◡╹)🏝