【Kumiko Hirasawa Photo Gallery】Women’s QS1,000 Ichinomiya Chiba Open(一宮千葉オープン)

優勝:都築有夢路

All Photos: Kumiko Hirasawa

来年いよいよオリンピック初のサーフィン競技が千葉県長生郡一宮町 釣ヶ崎海岸
(志田下ポイント)で開催されます!
皆さん、チケットは当たりましたか?当たった人も当たらなかった人もぜひ日本人選手の活躍を楽しみに応援しましょう♪
誰が日本代表選手になるかもドキドキワクワクですね!
長年サーフィンを撮り続けている女性フォトグラファーの平沢久美子さんからSirena Magazineに特別に「Womens QS1,000 Ichinomiya Chiba Open(一宮千葉オープン)」の写真を提供して頂きましたので、掲載させて頂きます☆
ぜひ日本のトップ女性サーファーたちの熱いライディングをご覧下さい!

 

■大会日時
:2019年4月29日(月)〜5月5日(日)
■大会会場
:千葉県長生郡一宮町 釣ヶ崎海岸
(志田下ポイント)

■大会結果 ウィメンズQS1,000
1位 都築有夢路 (JPN)
2位 宮坂麻衣子(JPN)
3位 前田マヒナ(JPN)   松田詩野(JPN)

 

↓写真はクリックすると拡大表示になります

 

平沢久美子(Kumiko Hirasawa)

母親の実家が千葉・一宮だったことから、子供の頃から休みのたびに訪れていた場所は言わずと知れたSurfingのメッカでした。初めてSurfingを見たときからそのカッコ良さに魅了され、1人で観に行ったWCT丸井プロで世界的に有名なSurfingフォトグラファー、ソニー・ミラーに出会ったことがきっかけになり、千葉から戻ると独学で写真を勉強し機材を揃えSurfingを撮り始めました。その後、すぐにSURFERマガジン日本版でアマチュアのページを担当させてもらうことになりましたが、ライティング等の勉強をするためにいったん海から離れ、代官山スタジオに入社。スタジオ退社後に平沢久美子写真事務所を設立し、月刊誌Fineや現在は休刊になってしまったサーフィングワールドなどのSurfing雑誌でSurfingやファッションの撮影をこなすかたわら、約12年、日本国内のSurfingの大会を全戦フォローしました。同時にSurfingフォトグラファーになるきっかけになった丸井プロのオフィシャルカメラマンを7年間務めさせて頂きました。現在は東京での撮影が主ですが、時間を作って大会会場などに赴きSurfingの撮影をしています。