女性サーファーに贈る、リサ・アンダーソンからの勇気と希望の人生の物語☆

この映画は絶対に観たいと思っていました。
「TROUBLE(トラブル)」って題名は何?って思いましたが、観終わった後、納得。題名もクール。
女性サーファーにぜひ観てもらいたい映画だと思いました。
リサ・アンダーソン。その名は世界チャンピオンとして4度刻まれ、サーフィン界の女王の一人。
今そのライディング映像を観ても圧倒される。かっこいい。
そのリサのトラブル多き人生を赤裸々に振り返ると、それは多くの女性たちに勇気を贈る物語となっているのです。
人生においては様々な悩み、失敗、トラブルもある。でも全てを希望の方向へと強い意志で切り拓いていける。
彼女が破天荒な青春時代を送る中で見つけた、プロサーファーになるという夢。
そして思いがけず手にした母として生きる日々。
母として、女性として、プロサーファーとしての人生。
女性の強さと優しさ。
サーフィン、海とともに生きるSirenaたちへ、リサ・アンダーソンから勇気と希望の物語が届きました。

 

Check it out !!↓

 

 

TROUBLE トラブル

~Story~

リサ・アンダーソンはサーフィン界を超越した数少ないスターの一人です。彼女は優雅さと美しさに、粘り強さと大胆不敵さを兼ね備えています。彼女はエレガントであり、同時にパンクです。
彼女の業績は疑う余地がありません。4回のワールド・チャンピオンシップ制覇、「サーファー」誌で初めて表紙を飾った女性サーファー、そしてROXYの顔。「アウトサイド」誌は彼女を「有名サーファーとしての地位を手に入れた最初の女性」と評しました。
ニューヨークで生まれたリサ。13歳の時に父親が家族でフロリダに移住することを決めます。 そこでリサはサーフィンと出会いますが、両親は快く思いません。彼らにとってビーチは麻薬中毒者やホームレスがいる危険な場所でしかないのです。リサは両親の心配を和らげるどころか、やがて少年院に送られ、その後も5年間の自宅軟禁とサーフィン禁止を言い渡されます。
父親は良かれと思ってリサのサーフボードを破壊しますが、それがきっかけでリサは家出を決意します。行き先はハンティントン・ビーチ。「サーフィンで世界チャンピオンになるためにカリフォルニアに行く」と書かれたメモだけを残してリサは家を出ます。
リサはビーチや車中で寝泊まりをし、やがて支配的な関係を強要するシェイパーと一緒に住むようになります。実際、彼女はこの時だけでなく、何度か虐待的な扱いを受ける関係に囚われてしまいますが、事態が悪化した時、または状況に閉じ込められたと感じた時、もしくは何か障壁にぶつかった時にそこから逃げ出すということを何度も繰り返します。
水の中のリサは全くの別人でした。猛烈な勢いで戦って、まるで華麗な大失敗のような激しいサーフィンを見せながら、でも競技人生で頂点に立つためにはどうしたら良いのか分からずにいた時、予想外の妊娠が発覚します。周囲の反対や常識に反して彼女は子供を産むという決意をし、やがて魔法のようなブレイクスルーを体験、世界チャンピオンになるという夢を実現します。
「トラブル:リサ・アンダーソン物語」はリサの人生の旅を追いかけた作品です。サーフィンが美しい背景を提供していますが、本当に心打たれるのは、まるで叙事詩のような彼女の人生そのものです。彼女が通ってきた苦難、虐待、痛み、そして喜び。これは自分の手で人生を切り開いた一人のアメリカ人女性の物語。

そう、これは「現代」を映す物語なのです。

 出演 リサ・アンダーソン、デイブ・パーメンター、ブルース・レイモンド

 監督 チャス・スミス

2018/アメリカ映画/50/

 

今年来日した際のリサ・アンダーソン。今もそのかっこよさは変わらない。

 

【お問い合わせ】

レイドバック コーポレーション
HP:http://www.laidback.co.jp