支え合える関係 使い合う関係  Everglow~Deputy editor-in-chief Hikaru

支え合える関係
使い合う関係

 

人間関係がいちばんの悩みだって聞きます。

わたしは最近、そこまで悩まないのだけど

人でいるかぎり

戸惑ったり

そんなことするの?!

と驚くこともしばしば。

悩むというより驚くことが多いかな。

ずっとそれがどういうことなのかと

考えたり感じたり

何かあると自分に置き換えてみたりね。

そしてどうしたらスムーズに事前に問題解決できるかなと

思っていました、

私なりに。

そして

なんとなく仕組みというか

経験も含めてわかってきました。

 

それは

支え合えるか、

使い合う関係か。

ということ。

この言葉を自分を取り巻く関係性に当てはめてみて。

 

支え合える。

と感じるなら

きっとその関係は素晴らしいはず。

永遠性も感じるし

あの人のためなら頑張れる

あの存在のためなら努力できたり

自分の時間を削ってでもなんとかしたい。

力になっていきたい。

人とは限らず自然だったり動物たちであったり。

例えば一番わかりやすいのは

肉親ではないかな。

両親、

子供がいたら子供、

パートナーかもしれません。

その人たちのためなら

と損得勘定なくカラダとココロ注げます。

 

使い合う。

私はいまこの使い合ってる関係性で揉めてる人を沢山みかけます。

使いあっているから

損得勘定は出てしまうし

落胆したり

思い通りにいかないと憤慨してるひとばかり。

そういう話を聞くだけでこちらまで疲弊してしまう。

Vibesが悪いんでしょうね。

使い合う関係性は、一見仲良しにも見えます。

利害関係が一致しているように見えるから。

でもだいたい破綻しますね。

これからの時代はすぐに。

そういう時代にはいっていってるので、

どんどん淘汰されていく。

愛情のない関係性は

破綻する。

なので、もし

この人と今後

関わることでどうなのかな。

と不安や疑問に思ったら

支え合えるかどうか。

それだけを感じたり考えてみると

すぐにわかりますよ。

 

今回ISAを観戦していて

選手たち、キャプテン、コーチみんなが支え合っていた。

日本は勿論、どこのチームも。

そして対戦相手の選手をも讚え合っていた。

そして私たち応援する側も微力とおもいながらも応援し続けた。

それは支えたいから。

彼らの少しでも力になれたらと

応援し、そのエネルギーは大きな波動となって伝わっていたと思います。

選手自身も自分を信じてあげて果敢に攻めてた。

そして素晴らしい結果に。

 

 

全ては愛ある関係から。

とってもシンプルで

わかりやすいのではないかな。

支え合えるか

使い合っているのか。

それだけです。

淘汰される関係性にいつまでも固執せず、

愛情ある関係を丁寧に紡いでいくこと。

それだけ。

もしそれすらも感じられないのなら

毎日を愛してあげてみてください。

今日という日はもう絶対に来ないのでその日を慈しんでみて。

 

 

私は早起きしたら

沈む月と登る太陽に挨拶しています。

ありがとう。

よろしくね。

と。

地球があるから私がいて

宇宙があるから地球がどれだけ奇跡星かわかります。

宇宙も支え合ってる。

その中に自分自身も共存しています。

そう感じるだけで、

少し毎日が楽しくなり、

支え合える人とも出会えるように感じています。

 

 

また、お財布や携帯電話など

自分の手元から離れてもらいたくないものに

支えてね”

“よろしくね”

と声をかけてあげるといいですよ。

 

愛ある毎日はほんの小さなきっかけから。

支え合いましょう。

心に留めるのは

愛情のみ。

 

 

ヒカル

子供の頃に、乗馬を始め

自然、動物をこよなく愛する生活から、波乗りと出会いさらに自然の中に身を置くことの大切さを日々感じています。

人生は旅。

その言葉通り流れに身を委ねながら、

感じるままに。感謝を日々忘れずに