【Sirena’s File no.1】”仕事でも、サーフィンでも挑戦することを忘れません”〜働く人たちの力になりたい!人事部採用担当

⽗とハワイでサーフィン後、現地家族と写真撮影(本⼈:写真左)

 

【Sirena’s File no.1】

⽒名: ⼩野内晏奈

年齢:27

会社名: 株式会社オンデーズ

部署:⼈事部 採⽤担当

 

Q.⽇頃の仕事内容について教えて下さい☆

⼈事部としての仕事は、主に新卒採⽤に関することを⾏なっています。求⼈サイトへの対応や、新卒者向けの企業説明会の他、⾯接のセッティングや学⽣への連絡が現在の主な仕事です。学⽣の⽅達と関わる時は、できるだけ気軽に話しかけてあげるようにして緊張をほぐしてあげるよう⼼掛けています。⾯接や説明会で会社のオフィスに⾏くことは、学⽣のうちはすごく緊張することだと思います。それが⼀次⾯接だったりすると余計に緊張してしまって、その⼈が100%の実⼒を出して⾯接に挑めなくなってしまうので、その緊張を少しでも解いてあげて、⾯接の後「あ、やりきったな」って思ってもらえるような対応をしています。
私の今の⽬標は「会社の中の相談役」になることです。働いている⼈に何かあった時に、安⼼して相談できるような⼈になりたいと思っています。弊社は⽐較的フランクな会社ではありますが、なかなか店⻑に直接相談できないようなこともあると思うので、そういう時に頼られる存在で常にありたいです。そうなるために今後も資格の勉強を取り組んだり、スタッフとのコミュニケーションを⼤事にして、働く⼈たちの⼒になっていきたいと思っています。

 

Q.マリンスポーツへの取り組みについて教えて下さい☆

サーフィンが好きで、特別な⽤事がなければ毎週末海に⾏っています。始めたきっかけは⽗の影響です。もともと⽗が若いころからサーフィンをやっていたこともあり、海に遊びに⾏くのは当たり前な幼少期を過ごしていました。⽗が趣味として楽しんでいる姿を見て、かっこいいな、やっていみたいなと思い、⼩学⽣の時、サーフィンよりも挑戦しやすいということでボディボードを始めました。⼤学に⼊ってから海外でサーフィンに初挑戦してみたことをきっかけに、最近ではもっぱらサーフィン漬けです。
始めて3年ほどですが、社会⼈になってしばらくは⾏ける⽇数も減ってしまったのでなかなか上達はしておりません(笑)しかし、昨年⼊籍をきっかけに海のそばに引っ越したので、本年度からよりできる機会が増えています。毎週末、海に⾏けることが楽しみです。仕事ではこれから⼊ってくる学⽣さんや⼊社したスタッフと関わり彼らの⼼のケアを⾏っていますが、⼈に寄り添うためには、まず⾃分を理解すること、⾃分⾃⾝を⾒つめる時間がとても⼤切だと考えています。その中で、サーフィンは⾃分⾃⾝と⾃然と呼吸を合わせていくスポーツなので、それによって⾃分⾃⾝と向き合う時間を作ることができています。
サーフィンは、わたしにとって⽇常から離れたところにある新たな挑戦であるとともに、リフレッシュできるかけがえのないスポーツです。

 

”Sirena’s File”
では様々な仕事をする、海女子さんが登場。日々どんな仕事をして、どんな風に海で楽しんでいるかを教えてもらいます☆
全国の海女子さん、自薦他薦問わず、募集中です!

以下よりご連絡待ってま〜す♪

http://digital.sirena-magazine.com/contact/