【祝!JPSAロングボード最終戦優勝者インタビュー】なっちゃんのリラックスタイムは?!

Photos:Yuriko Yonechi

JPSAロングボード最終戦で優勝、2018年度のグランドチャンピオンも獲得した“なっちゃん”こと田岡なつみプロ。いつも笑顔のカワイイなっちゃんですが、グランドチャンピオン2連覇もかかる最終戦、波に挑む真剣な顔のなっちゃん、数々のプレッシャーの中で優勝を決めて思わず見せた涙のなっちゃん、すべてが輝いていました。人知れず努力を重ねた日々が彼女に勝利をもたらし、太陽の光の中でその栄冠が授けられ、多くの人から祝福を受けた日となりました。

グランドチャンピオンインタビューはまたあらためてしたいと思いますが、ひとまず最終戦の優勝についてインタビューしました♪

Q.今回の大会を振り返って、全体を通してどんな大会でしたか?

絶対勝ちたい、勝たなければいけないというプレッシャーの中、必死であまり試合内容を覚えていないです(笑)。自分が思っているより点数が出なくて、ライディングの構成などを考えてファイナルは臨みました。

Q.ファイナルはどんな気持ちで臨みましたか?

絶対勝つと言う気持ちです。

 

 

Q.ファイナルを振り返ってみてどうでしたか?勝因は何だと思いますか?

試合前ずっと波を見ていて、少し左からレギュラーの伸びる波があるというのが頭の中にありました。その一本で逆転できたのが良かったです。それと、セミファイナルでたくさんミスをしてしまい、同じことはファイナルではしないと決めていたこと、ファイナル前に尾頭くん(尾頭信弘プロ)にアドバイスをもらってそれを実行できたことが勝因だったと思います。

 

 

Q.今回の優勝は自分にとってどんな優勝ですか?今の気持ちを聞かせて下さい。

今年からショートも全戦回ることになり、去年よりロングの練習に費やせる時間がかなり減りました。ショートもやり、中途半端になっているのではと思われてしまっていたところもあったので、絶対勝たなければいけないという気持ちがあって。最終戦で優勝し、グランドチャンピオンを獲れたのは本当に嬉しいです。

Q.自身の目指すサーフィン、目標はどこに置いていますか?

世界で通用するサーファーになることです。 海外の試合でも成績が上がってきているので、世界一を目指しています。

Q.普段はどこで練習をしているのですか?

最近は東浪見が多いですが、太東でも入っています。

Q.ショートボードのプロでもあり、ショートのJPSAにも参戦していると思いますが、ショートボードの試合に出てどうですか?感じていることを教えてください。

ショートボードは年齢層も若く、大会の雰囲気も全く違って、毎試合いい刺激になっています。ショートの試合ではなかなか勝てなくて1コケが続いて、本当に悔しくて初心に戻ってトレーニングなどをしています。

Q.今後の試合は?

今のところ国内のショートボードの2戦が残っています。

 

Q.好きなサーファーは?

たくさんいて選べないけど、ケリア・モニーツはサーフィンを始めた時から好きです。

Q.リラックスタイムは何を?

ご飯を作っています。最近は一人でいろいろなカフェに行って、美味しいコーヒーを飲んでゆっくりするのも好きです。

Q.テンション上がる曲は?

特になし。曲とかあまりこだわりないんです(笑)

Q.好きな食べ物は?

チーズ、チーズケーキ、フルーツ

Q.最後ににメッセージをお願いします!!

最終戦に応援に来てくれた方、ライブで応援してくれた方々ありがとうございました! みんなの応援のおかげで獲れた優勝、グランドチャンピオンです。本当に感謝しています。来年もさらにレベルアップするので、応援よろしくお願いします!

 

応援団長のパピーと☆ママはハワイ滞在中でライブ観戦で応援♪

 

 

田岡なつみ/Natsumi Taoka

生年月日:1994年8月12日
出身在住:千葉県
プロ合格年:2010年
身長/体重:150cm/45kg
ホームグランド:太東、東浪見
スポンサー:マイナビ、ムラサキスポーツ、ばんからラーメン、Cams、Airtight、Mermaid and guys、ジールアソシエイツ、Creature、Rhythm、Kswiss